契約書の遠山行政書士事務所

岐阜県中津川市蛭川2244-2

パソコン教室契約書の雛形の概要

パソコン教室の契約書雛形です。
本契約書雛形は全15条(A4用紙3枚)で構成しています。
以下に雛形の概要を記載します。

契約の成立
契約書の締結と同時に契約が成立することの確認と、未成年者には親権者の同意書が必要なことの確認です。
未成年者との契約は民法の規定により、その親権者がいつでも自由に取消することができる不安定なものであるため、予め親権者の同意を得て契約を確定しておく必要があります。

本サービスの内容
サービスを提供する場所、サービス内容、サービスの対価を定めます。

契約期間
契約期間を定めて、講習の安易な欠席を予防します。

役務提供対価と支払い
入会金や講習料金の明細を記載します。これらの明細表示は特定商取引法の記載義務事項です。

クーリングオフ
クーリングオフ告知文を記載した契約書をクライアントに渡した日から8日間の間は、クーリングオフによる解約を受け付けることを定めます。

中途解約の清算
特定商取引法の中途解約基準を記載しております。サービス提供前の解約損料は15,000円ですが、サービス提供以後は講習実績の費用に解約損料(5万円か契約額の20%のどちらか低い金額)を加えた額となります。
支払い総額から、これらの金額を差し引いた金額がクライアントへの返還金額となります。

権利の質入及び譲渡
サービス提供者が提供する諸情報やサービスを、又貸しや名義貸し等の行為によって譲渡することを禁止します。

免責事項
検定や資格の合格や就職などの成果を確約する性質の契約ではないことを確認し、クライアントの自覚を促し、事後のトラブルを予防します。不都合があれば削除して下さい。

特定継続的役務提供の契約書雛形はどれも8,000円です。
訪問購入・電気通信サービスの契約書雛形は15,000円です

当行政書士事務所の契約書雛形の3つの安心

 

その1 逐条解説書が付いているので安心
契約書雛型には、条項ごとの解説文書を付属しているので、解説を参照しながら雛形の修正を行うことができます。

その2 契約の概要書面も付いていて安心
特定継続的役務には、契約締結以前のサービス説明時に、契約の概要を説明するための書類(概要書面)を申込者に交付する必要があります。
この概要書面も付属しております。
※訪問購入業務には概要書面は不要なので、訪問購入契約書には付属していません。

その3 14日間の無償相談期間が安心
契約書雛形と解説書を確認しても判断がつかない問題があった場合には、メールか電話での無償相談に応じます。(但し、無償相談は契約書雛形の納品日から14日間限定です。)

 

契約書雛形のお申込は>>こちらをクリック<<


メルマガを発行しています
「ネット活用の達人になろう~暮らしやビジネスに役立つネットと法律の話」
メルマガでは更新情報などをお届けします。



特定商取引法の解説テキストメルマガ登録


広告